未分類

モノが溜る前に処分が鉄則

要らないものはどんどん処分!欲しい人に譲ると感謝されるし喜んでもらえる。こちらも必要ない物が必要な人のところに行って活用してもらえれば、たとえ手間がかかってもそれはそれで嬉しいんです。物あまりのこの時代、新商品が次から次へと出てきて、この間買ったばかりのピカピカなアイテムがあっという間に価値をなくしていきます。物がありすぎる時代です。

わたしは物がない時代に産まれました。現代っ子は物があふれる中に生まれるからこの状態が普通だと思うでしょうね。わたしは一つの物を壊れるまで大事に使っていた時代に生まれたから元々そんなに物を必要としません。物で家の中があふれかえっていると強いストレスになります。物が少ないとリラックスします。

それでも現代に生きていると買い集めたわけじゃないのにもかかわらず物が溜ります。食品しか買っていないと思ってもどこからか物は増えていくからモノが溜る前に処分が鉄則です。

生活全般

焦りすぎてもいけない婚活

私は、去年から婚活を始めました。
3年付き合っていた彼氏と別れ、日常生活の中で自然な出会いが出来るとは思っていなかったので、自分から出会いの場を探さないといけないなと思いました。

婚活パーティーには、友達と3回ほど行ってみたのですが、私の会話のスキルが低いというのと、数分喋っただけの相手を誰が良いか決めるというのが出来ず、なかなか良い結果に結び付きませんでした。

そこで、結婚相談所に登録をしてここで絶対に相手を見つけようと心に誓いました。

婚活は、すぐに結果が出る物ではないですし、かといって自分の年齢はどんどん上がっていくしで、焦る気持ちがあります。

ですが、焦るほどに婚活が辛くなってしまい、もう私は一生結婚できないと思ったりしてしまいました。

そこで、もっと気持ちにゆとりを持って婚活に取り組もう思うようになりました。

焦らず、ゆっくり、婚活を楽しみたいと思います。

未分類

チューブに入った薬味たち

加工食品の技術進歩って凄いなと実感する。

ここ数年の間に、色んな薬味が様々な会社から発売されている。
ビン詰めだったり、チューブだったり。

今まではわさびだったり、からしくらいしかなかったのが、
チューブ入りのきざみ青じそやゆず胡椒だとか、
刻んだショウガをビン詰めにしたものがあったり。

ちょっと前の食べるラー油も「おぉ!?」と思ったものだけれど。

今やスーパーを少し覗いてみるだけで、
食生活を豊かにしてくれそうで、手軽に手に入る薬味が、
保存しやすい形態で無数に売られているのを見ることができる。

ここしばらくハマっているのは、サッポロ一番塩らーめんに、
様々な薬味を加えたアレンジレシピ。

ゆず胡椒ときざみ青じそをチューブからちょっとだけ加え、
豆板醤とレモン汁を加えて、東南アジア風にして食べる。

でも、何だか少し物足りない。
しばらく考えて、あぁ、そういえばと思い出した。

パクチーが入っていないのだ。

もしかしたらそのうちに、パクチーもチューブになって、
店頭で販売されたりするのだろうか。

あるいはもしかしたら、もう商品化されていて、
自分が知らないだけなのだろうか。

どちらにせよ、様々な企業の努力によって、
我が家は随分大助かり。

人間社会って凄いな、というお話。

生活全般

派遣から正社員を目指して。

長い間、派遣として仕事をしてきました。個人的にとても自由人なので、派遣という働き方の方が自分には合っているのではないかと思っていたのです。しかし先々のことを考えると心配もあり、両親もこのあたりで安心させてあげたいと思う様にもなりました。
そこで、どんな職種ならば正社員になれるのかを調べてみると、タクシードライバーが転職の上位に上っていました。頑張り次第では正社員の道もあるようですし、意外と派遣からタクシードライバーへの転職が多いという事も分りました。
もともと運転は嫌いではないですし、派遣と言う立場ですが、車を所有しています。なので、道なにも詳しい方なので、意外とタクシードライバーがあっているのかな?と思う様になりました。
まだ、具体的に転職先のタクシー会社が決まったわけではありませんが、ちらほらと面接ができる会社を見つけたので、近く動きたいと思います。
未分類

最近女の配達員さんが増えたというお話

普段からネットショップをよく利用するので、各配送会社の配達員さんとは、荷物を受け取る時にちょっとした世間話をすることも多い自分。最近特に感じるのは女の配達員さんが増えたこと。軽い荷物だと、ほぼ100%の確率で女の配達員さんが持ってくる。

しかも共通してるのが、そこそこ美人でスタイルのよい人が多いこと。考えてみれば、配達の仕事は相当な体力を使う仕事なので、太った人では務まらないのかもしれない。仮に太った人が始めたとしてもかなりの運動をするのと同じだから、自然と痩せていくというのもあるのだろうし。

いずれにせよ、配達員さんが女性というのは当たりが柔らかいので、荷物を受け取る時も気持ちが良い。短い時間なので個人的なことは余り聞かないが、見た目は主婦っぽい人が多く、たぶん1日のあいた時間シフトを入れて配達をしているのだろう。こちらもなるべく長く働いてもらいたいので「ありがとうございます」は欠かさずに言っている。男女平等と言われる社会、まさに適材適所という言葉を実感している今日この頃だ。

未分類

甘い口どけと運命の再会

この前、凄く素敵なお菓子屋さんを見つけたのですが、店名を忘れてしまいました…。
そこの生チョコの甘い口どけがたまらなく、もう一度食べたいと願っています。
場所もたまたま友達と歩いている時に見つけてちょっと入っただけで、時間がなくて買わずに試食しかしなかったことを今になって後悔しています。
友達に聞いても「忘れた」と。
もう諦めるしかない?そう思っていたある日のこと。私は一人で買い物をしていました。
何となく街を歩いていると、あることに気が付きました。
あれ?ここって例のお菓子屋さんの近くじゃない?
私は時間と財布の中身を確認。
見つけたら、買える。
そう思って近くを歩き回ること約10分。
ついに、お菓子屋さんと運命の再会を果たしました!
迷わずお店に飛び込むと、可愛らしい店員さんからチョコレートの試食を勧められました。
口に入れると感じる甘い口どけはあの時と同じでした。
「このチョコレートがおすすめなんですか?」
「一番人気の商品なんです、あと、抹茶や苺もありますよ」
私は同じチョコレートの違う味を沢山買いました。
家に帰って食べ比べして、それは幸せな時間でした。
諦めかけていたお菓子屋さんとの運命の再会。
これから常連になるだろうなあとしみじみします。

生活全般

再婚での婚活についてはあり

離婚をして、そのままでいいと思っている人でも寂しくなったりその他の理由で再婚をしたいと思う事があります。特に一人ではなく、子供さんがいる場合は特にそのことを思う事でしょう。それは、なんといっても子供が希望することがあるからです。小さい子供さんの場合は、お父さんやお母さんが欲しいと思うことがあると感じます。

そこで再婚をしようかなと思ったときに、どんな方法があるのか考えることがありますね。その方法として、一番利用されているのが婚活サイトです。そこでは、結婚したことがない独身の人ばかりではなく再婚を希望している人もいるのです。そのため、たくさんの人が利用していることがわかりますね。その婚活サイトに登録をすることにより、まず一歩踏み出すことができます。

私なんか無理と思っている人は、そんなことはないので勇気を出してサイト登録をしてみましょう。

生活全般

プログラミングの基礎の大切さを痛感

私がプログラミングを学び始めたのは数年前のことです。

きっかけはスマホゲームを作りたかったからで、どうやって作ろうかと調べたらUnityというゲームエンジンが無料で使えると分かりそれを使うことにしました。
そしてUnityに使えるプログラミング言語はC#とJavaScriptで、C#の方が新しくて未来があるようなことが書かれていたのでC#にします。

本屋でC#の本を買い家でやったのですがあまり理解できないままそれを終えてしまい、Unityでのゲーム開発に移りました。
最初はネットにあるチュートリアルのコードを丸写しして使っていましたが、次第に自分で独自のプログラムを書けるようになってきます。

しかし、やはり基礎がなっていないので解説記事を読んでも理解できないところが多く、基礎の大切さを痛感するのでした。
それで今はゲームを作りながらプログラミングを学んでいく今の形式か、それとも一度ゲーム作りを止めてC#に集中してみるか悩んでいます。

生活全般

新築アパート経営のお誘い

今日突然うちに営業さんが来て、アパート経営をやってみませんか?というお誘い。アパート経営では、よく名前の聞く大手だ。どこで情報を仕入れてくるのかは知らないが、確かに丁度この家を持て余していたのは事実で、不動産投資にも多少興味が出てきた時期でもあり、良い機会なので話を聞いてみることにした。

で、その話の内容というのが、この一軒家を取り壊し新しくアパートを建てて、そのローンを家賃で返していくパターンだそうで、全く懐を痛めることなくアパート経営ができるとのこと。確かにご近所を見ても、このところアパートが沢山増えていて、けっこうな数建っているのだが、外から見る限り空き部屋は殆どない状態で、立地的に良い場所なのはなんとなく想像ができる。

というのも、この場所は街の中心地にも近いし、周辺に保育園や小中学校もあるし、また大型ショッピングセンターにも近いので、生活していて全く不自由することがないからだ。住む環境としては理想的なのだ。

そう考えると、このタイミングで営業さんがうちに来たのも何かの縁、置いていったパンフレットの中にあった不動産投資セミナーなどにも通ってみて、もう少し不動産投資の知識を身につけてから、具体的にどういうパターンがいいのか、また営業さんに相談してみるのもいいかもしれない。

未分類

メールアドレスを使っての出会い

今は男女の出会いのためのアプリや専門サイトがたくさんありますし、SNSでの出会いも求めれば期待できます。しかし、90年代ぐらいまでは今のようにそういったものが発達していなかったので、ネットを使った出会いと言えば掲示板やメールアドレスぐらいだったと思います。

私が実践したことがあった出会いは、ネット上の掲示板でメールアドレスを直接書き込み、それを見て興味がある人からの連絡を待つ、といった方法でした。今の時代ではメールアドレスをネット上に書き込むこと自体考えられませんが、当時はプライバシーへの概念が甘かったのでしょう。

実際何人もの同世代の男性とメールでのやりとりをし、親に内緒でその中の一人とマクドナルドで会ってデートしたことがありました。メールでは顔も見えないので本当に相手が文章通りの人なのかは会うまで確認できませんが、それもそれで刺激になって楽しかったです。