ハイヤーと聞いて私の印象

ハイヤーと聞いてイメージすることは、タクシーの上位互換であるということです。
タクシー以上に、高級で完全予約制であるイメージがあります。また使用される車種も、センチュリーやクラウンなど俗にいう高級車と呼ばれるものが使用されている印象があります。
実際に調べてみると、やはり交通機関の中でも高い付加価値を持っているという記事が多く出てきました。
ドライバーになるにも、複数の条件があるとのことで厳選された者にしかなれないとのことです。
街を歩いていると、そのような車を見ることがありますがドライバーはとても格式が高く見えます。それに伴って、利用者も会社の役員クラスっぽい人が利用しており、身なりもしっかりしてとても様になっていました。
私自身、もちろんサービスを利用したことはありませんが、もっと登り詰め大企業の役員になり気軽に利用できるようになりたいと思います。