平均勤続年数に見るタクシードライバー

最近では入社してもすぐに退社する人も多くいるようですが、転職を考える時、やはり長く勤めたいですよね。
必ずしも長く勤めることが良いことではありませんが、長く勤めるからこそ、その道のプロフェッショナルとして重宝されることは間違いありません。
近年人気の高まっているタクシードライバーの平均勤続年数は8.8年
県別の平均勤続年数のデータがありますが、これを見ると一番短い平均勤続年数は愛知県と兵庫県の5.7年です。
また、一番長い平均勤続年数の県は15.0年の秋田県、続いて14.8年の福島県でした。
平均勤務年数が短い県でも5年程度なので5~15年は勤務することができるお仕事と考えてよいでしょう。
一人で仕事をしていても苦にならず、お客様からの暴言などにも耐えられる人が適しているとされているため、忍耐力の必要なお仕事だからこそ、ある程度の平均勤続年数となるのかもしれません。