最近見た映画が軽くショックだった話

最近、岬の兄弟という映画を見ました。障碍者の妹に売春させて生活していく兄弟の話でなかなかにカルチャーショックでした。こんな類の話でショックを受けたのは、昔見た将棋じゃない「三月のライオン」以来かも・・・。なんてことを考えながら見ていました。映画でもふいにショック受けるものがありますよね。私の男なんてのもかなりショックでした。殺人の話かと思ったら、どこまでも落ちていく男の話とのし上がっていく女の話で、僕としてはかなりショックでした。実際に僕がこんな女につかまることはない、というよりも使い勝手が良くない男なので引っかかることはまずないかと思いますが、女の本性見たりって感じでとてもショックを受けたのを覚えています。いつもは明るい話ばかりを選んでいるのですが、たまにそんな映画も見たくなるんです。生きていると色々とありますからね。まあなんていうか、そういう時の気分転換に映画はとてもいいと思います。手軽ですしね。