20年前にはありえなかった再会による出会い

今は良くも悪くもネットもSNSやアプリも発達しきっています。そして20年前ぐらいでは考えられなかった「偶然の再会」も今では日常茶飯事となってしまいました。ときには煩わしい再会もありますし、ときには運命的な再会のきっかけにもなってくれるネットやSNSなどです。

私自身も小学校一年生の一年間のみ一緒だった、とある男性がいます。その男性は小学校一年生の終わりに転校してしまったのでそれ以降は消息不明で一切連絡もとっておらず、連絡先さえ知りませんでした。しかし時代も進み、大学生のときに本名でやっていたSNSで再会したのでした。

そのSNSは厄介なことに学歴やプロフィールなどから私が知り合いかもしれない人たちを色々なアルゴリズムを使って見つけ出し、毎日のように表示してくるのでありました。ある日その男性の名前と顔写真を「知り合いかも?」のページで見かけたのがきっかけで思わず衝動で友達申請してしまい、後には「覚えている?小学校一年生の〇〇だよ」などとメッセージのやりとりを経て、何度か一緒に食事する関係になりました。

友達以上恋人未満といった関係になったときに彼は海外留学のため日本を去ったのですが、暗黙の了解のように二人の関係も終わりました。もし海外留学さえなければそのまま正式に恋人になっていたのだと思います。今思うと残念でしたが、それでもSNSでの出会い、いや再会は凄いなと改めて思った経験ではありました。