生活全般

焦りすぎてもいけない婚活

私は、去年から婚活を始めました。
3年付き合っていた彼氏と別れ、日常生活の中で自然な出会いが出来るとは思っていなかったので、自分から出会いの場を探さないといけないなと思いました。

婚活パーティーには、友達と3回ほど行ってみたのですが、私の会話のスキルが低いというのと、数分喋っただけの相手を誰が良いか決めるというのが出来ず、なかなか良い結果に結び付きませんでした。

そこで、結婚相談所に登録をしてここで絶対に相手を見つけようと心に誓いました。

婚活は、すぐに結果が出る物ではないですし、かといって自分の年齢はどんどん上がっていくしで、焦る気持ちがあります。

ですが、焦るほどに婚活が辛くなってしまい、もう私は一生結婚できないと思ったりしてしまいました。

そこで、もっと気持ちにゆとりを持って婚活に取り組もう思うようになりました。

焦らず、ゆっくり、婚活を楽しみたいと思います。

生活全般

派遣から正社員を目指して。

長い間、派遣として仕事をしてきました。個人的にとても自由人なので、派遣という働き方の方が自分には合っているのではないかと思っていたのです。しかし先々のことを考えると心配もあり、両親もこのあたりで安心させてあげたいと思う様にもなりました。
そこで、どんな職種ならば正社員になれるのかを調べてみると、タクシードライバーが転職の上位に上っていました。頑張り次第では正社員の道もあるようですし、意外と派遣からタクシードライバーへの転職が多いという事も分りました。
もともと運転は嫌いではないですし、派遣と言う立場ですが、車を所有しています。なので、道なにも詳しい方なので、意外とタクシードライバーがあっているのかな?と思う様になりました。
まだ、具体的に転職先のタクシー会社が決まったわけではありませんが、ちらほらと面接ができる会社を見つけたので、近く動きたいと思います。
生活全般

再婚での婚活についてはあり

離婚をして、そのままでいいと思っている人でも寂しくなったりその他の理由で再婚をしたいと思う事があります。特に一人ではなく、子供さんがいる場合は特にそのことを思う事でしょう。それは、なんといっても子供が希望することがあるからです。小さい子供さんの場合は、お父さんやお母さんが欲しいと思うことがあると感じます。

そこで再婚をしようかなと思ったときに、どんな方法があるのか考えることがありますね。その方法として、一番利用されているのが婚活サイトです。そこでは、結婚したことがない独身の人ばかりではなく再婚を希望している人もいるのです。そのため、たくさんの人が利用していることがわかりますね。その婚活サイトに登録をすることにより、まず一歩踏み出すことができます。

私なんか無理と思っている人は、そんなことはないので勇気を出してサイト登録をしてみましょう。

生活全般

プログラミングの基礎の大切さを痛感

私がプログラミングを学び始めたのは数年前のことです。

きっかけはスマホゲームを作りたかったからで、どうやって作ろうかと調べたらUnityというゲームエンジンが無料で使えると分かりそれを使うことにしました。
そしてUnityに使えるプログラミング言語はC#とJavaScriptで、C#の方が新しくて未来があるようなことが書かれていたのでC#にします。

本屋でC#の本を買い家でやったのですがあまり理解できないままそれを終えてしまい、Unityでのゲーム開発に移りました。
最初はネットにあるチュートリアルのコードを丸写しして使っていましたが、次第に自分で独自のプログラムを書けるようになってきます。

しかし、やはり基礎がなっていないので解説記事を読んでも理解できないところが多く、基礎の大切さを痛感するのでした。
それで今はゲームを作りながらプログラミングを学んでいく今の形式か、それとも一度ゲーム作りを止めてC#に集中してみるか悩んでいます。

生活全般

新築アパート経営のお誘い

今日突然うちに営業さんが来て、アパート経営をやってみませんか?というお誘い。アパート経営では、よく名前の聞く大手だ。どこで情報を仕入れてくるのかは知らないが、確かに丁度この家を持て余していたのは事実で、不動産投資にも多少興味が出てきた時期でもあり、良い機会なので話を聞いてみることにした。

で、その話の内容というのが、この一軒家を取り壊し新しくアパートを建てて、そのローンを家賃で返していくパターンだそうで、全く懐を痛めることなくアパート経営ができるとのこと。確かにご近所を見ても、このところアパートが沢山増えていて、けっこうな数建っているのだが、外から見る限り空き部屋は殆どない状態で、立地的に良い場所なのはなんとなく想像ができる。

というのも、この場所は街の中心地にも近いし、周辺に保育園や小中学校もあるし、また大型ショッピングセンターにも近いので、生活していて全く不自由することがないからだ。住む環境としては理想的なのだ。

そう考えると、このタイミングで営業さんがうちに来たのも何かの縁、置いていったパンフレットの中にあった不動産投資セミナーなどにも通ってみて、もう少し不動産投資の知識を身につけてから、具体的にどういうパターンがいいのか、また営業さんに相談してみるのもいいかもしれない。

生活全般

20年前にはありえなかった再会による出会い

今は良くも悪くもネットもSNSやアプリも発達しきっています。そして20年前ぐらいでは考えられなかった「偶然の再会」も今では日常茶飯事となってしまいました。ときには煩わしい再会もありますし、ときには運命的な再会のきっかけにもなってくれるネットやSNSなどです。

私自身も小学校一年生の一年間のみ一緒だった、とある男性がいます。その男性は小学校一年生の終わりに転校してしまったのでそれ以降は消息不明で一切連絡もとっておらず、連絡先さえ知りませんでした。しかし時代も進み、大学生のときに本名でやっていたSNSで再会したのでした。

そのSNSは厄介なことに学歴やプロフィールなどから私が知り合いかもしれない人たちを色々なアルゴリズムを使って見つけ出し、毎日のように表示してくるのでありました。ある日その男性の名前と顔写真を「知り合いかも?」のページで見かけたのがきっかけで思わず衝動で友達申請してしまい、後には「覚えている?小学校一年生の〇〇だよ」などとメッセージのやりとりを経て、何度か一緒に食事する関係になりました。

友達以上恋人未満といった関係になったときに彼は海外留学のため日本を去ったのですが、暗黙の了解のように二人の関係も終わりました。もし海外留学さえなければそのまま正式に恋人になっていたのだと思います。今思うと残念でしたが、それでもSNSでの出会い、いや再会は凄いなと改めて思った経験ではありました。

生活全般

太陽光発電の活用を政府をあげて推進してほしい

電気は現代の生活には欠かせないものです。
一般的には電力会社から電気を家庭に供給してもらい、生活が成り立ちます。
その電気を作る方法として、昨今問題となっている原子力発電があります。
原子力発電は、他の発電方法とよりコストが低いのに大容量の電力を作ることができます。
しかし、その安全性が大変問題となっています。
実際、大きな自然災害によって故障した場合、放射能漏れという大変危険な事態になります。
そこで現在クリーンなエネルギーとして太陽光発電が注目されています。
太陽からの光を電気エネルギーに変えることでその恩恵に預かれると言うわけです。
それがメリットですが、デメリットもあります。
それは太陽光を集めるために土地が必要であるということです。
また、曇や雨の日といった太陽光を得られない天候では発電できないという問題もあります。
日本は技術大国として世界に名を知られている国であるので、太陽光発電を始めとしたクリーンエネルギーの活用の推進が活発であってほしいです。

生活全般

住宅ローンが残っていても可能な持ち家の売却

持ち家を売却したい…そんな願望が強いにもかかわらず中々具体的な行動に移せない理由として、まだその家の住宅ローンを返済し切っていないという点を挙げる人も多くいます。
住宅ローンが残っているとネガティブな印象を与えがちな上、取引も複雑となり面倒さが増す、と決め付けてしまう人も多いのですが、実際は多くの段取りを不動産業者のスタッフが肩代わりしてくれる上、持ち家の真の価格評価を把握する事により、完済してから行動を移すべきか、あるいは早目に売却に動くべきかのタイミングを決められる等、意外とメリットは多いのです。
もちろん住宅ローン完済前の不動産売却は可能。債務は残りますが、より負担の軽い返済プランを敷く事も出来ますから、積極的に不動産業者に相談してみるべきでしょう。
特に大手不動産業者なら、その手に詳しい専門家を営業所に常駐させているケースが多く、一度は訪れてみるべきです。

生活全般

タクシーの運転手さんの生活を脅かしたのは娘の浪費だった

私は自動車を持っていません。そのため、バスが運行していない時間に長距離を移動する際は、タクシーを利用しています。地元のタクシー会社には、クセの強い運転手さんが少なくありませんが、その中で比較的気さくで親切な運転手さんが、先日、娘さんの話をしていました。

今年成人式を迎えるその娘さんは、専門学校に通うようになってから一人暮らしを始めたそうです。娘が友だちと食事をする時に、お金が足りなかったらいけないとの親心から、そのタクシーの運転手さんは娘さんにキャッシュカードを持たせたと言います。

ところが、娘がカードを使い過ぎてしまい、毎月のように父親に多額の請求がなされるようになりました。タクシーの運転手さんの給料では、負担が大き過ぎて日常生活が脅かされるほどだったそうです。結局、キャッシュカードを渡した半年後には娘さんからカードを取り上げたと言います。

生活全般

出会いがあればいいんだけれど

アラフォーでも、婚活する人が増えて以前のように「いい年をして」という世間の考え方も変化してきました。
マッチングアプリで、誰とでも出会うことができる時代だけれどアラフォー世代の出会いはなかなか厳しいですね。マッチングアプリを活用しようと思って比較サイトをみたら、若い世代がメインでアラフォーはかなり少数。
婚活では、アラフォーの女性と結婚したい男性はあまりいないらしいです。なぜなら結婚したい男性は子供を望むので若い女性を希望するからと聞いたことがあります。
見た目は若くても女性には出産のタイムリミットはありますもんね。
40すぎて出産する女性も珍しくなくなってきたけれど、男性はシビアですね。
結婚したい!!という気持ちはあまりないですが、年齢で恋愛対象から外れてしまうのが悲しい。
恋愛はしたいけれど、アラフォーの出会いはなかなか難しいですね